平成28年予算委員会 文化商工・教育費 ( 3月 4日)

学校図書館司書の配置事業

○ふまミチ委員 次は学校図書館司書の配置事業経費についてお伺いいたします。私ども区議団も読書は子どもの考える力や共感力、創造力を培うことにつながり、そして、好奇心や探究心を生む土台になるとの思いで全力で取り組んでまいりました。学校図書館の重要性を訴え、図書購入費の大幅拡充や学校図書のデータベース化を提案させていただきました。

この予算書では、来年度の予算が1,184万2,000円と計上されておりますが、本年度の予算よりも下がっておりますが、理由をお聞かせください。

○山根図書館課長  区立図書館の地域図書館の今指定管理者を活用した運営体制の変更進めておりますけれども、そこで多少余裕の出ます区立図書館の司書を学校図書館の司書のほうに活用しようという計画でございまして、そちらに回しますので、2年間で実施する予定でございますけれども、来年、小学校を中心に実施したいと考えてございます。それから、再来年は中学校で実施したいと考えてございます。来年、実施する分の、その分の経費を減額したということでございます。

○ふまミチ委員  よくわかりました。委託の方から、また、区立図書館からの非常勤職員の方が学校に行っていただけるということでございますけれども、ちょっとまた話は戻りますが、学校図書館における年間の図書貸し出し冊数の推移を教えていただければと思いますが。

○清野指導課長  貸し出しの推移でございますけれども、正式に学校図書館のシステムが入りまして、コンピューターによって管理をすることができたんですけれども、昨年度につきましては2万2,000冊、ことしはまだ中間でございますが、もうその冊数は超えておりますので、恐らく推計で2万5,000円ぐらいにはなるのではないかと。これはシステムが導入されていませんでしたので、正確な数字ということではありませんけれども、学校図書館司書が導入される前と比べると、学校からの報告では2倍近く貸し出し冊数がふえていると報告を受けております。

○ふまミチ委員  学校図書館司書の方が来ていただいてからそのように伸びたということでございますが、その司書さんの配置日によって、前後というか、そういうことはあるのでしょうか。司書さんがいらっしゃるときは多いとか少ないとか、そういうことはあるのでしょうか。

○清野指導課長  貸し出し業務自体は学校の児童・生徒が図書委員会を編成して、子どもたちが自分たちでバーコードをチェックすることによって貸し出しができますので、特に司書さんがいるときといないときで、大きな貸し出し冊数の差が出るということはございません。

○ふまミチ委員  では、貸し出し以外にもいろいろな部分で司書さんはお仕事されているかと思います。どのようなことをされているのかもちょっとお聞かせください。

○清野指導課長  大きな柱は3点ございます。1つは、学校図書館の環境整備でございます。図書を探しやすくできるように配置を並べ変えたり、あるいは季節によって展示を変えたりということで、図書館にいざなう、そういった環境づくりをしております。

2つ目は、蔵書の管理でございます。本を選ぶとき、また、本を廃棄するときに校長、あるいは学校司書教諭、あるいは学校図書に関する委員会と連携をして、その選書や廃棄についてアドバイスをいただいております。

また、授業支援ということで、授業に実際に一緒に入っていただいて、今子どもたちは授業でさまざまな調べ学習等を行っておりますので、その際のレファレンスにお答えをいただいている。こうした大きな業務がございます。

○ふまミチ委員  本当にさまざまなことをやっていただいているかと思います。昨年の決算特別委員会で、小・中学校で3週間に4日、1日6時間の配置が司書さんが実施されておりますけれども、モデル的に行われている朋友小学校に関しては週4回、1日6時間の配置、見比べると余りにも少ないということで拡充の要望をさせていただきました。そのとき拡充の検討をするということでございましたが、この来年度の学校司書の配置体制を教えていただけますか。

○清野指導課長  次年度につきましては、図書館司書さん、非常勤の図書館司書さんによる配置が小学校21名、中学校1名、それ以外の小学校1校、中学校7校につきましては、業務委託により配置をすることになっております。

○ふまミチ委員  それで、時間帯とかはどのような感じでしょうか。

○清野指導課長  図書館司書、非常勤の方につきましては、1日の勤務時間が7時間45分ということで、委託に比べますと1時間45分長くなります。配置日数につきましては、今年度と同様で3週間に4日間、年間にしまして60日間の配置ということになっております。

○ふまミチ委員  そうしますと、非常勤の方は1時間45分ふえるということで、委託の方はそのまま6時間ということでございますか。

○清野指導課長  委託につきましては、6時間となっております。

○ふまミチ委員  そうしますと、学校によって差が出てくるということでございます。本当に昨年よりもちょっと一歩前進をしていただいているなと思いますが、そのモデル校の配置状況とはまだまだ差があるように思いますし、また、委託と非常勤ではまた違っている。本当に学校司書さんが来てくださる日には、先生からも生徒からも引っ張りだこだと伺いましたが、本当にこのような司書さんの拡充をしっかりしていただきたいと思いますが、この司書さんが来られる日の引っ張りだこの理由をちょっと教えていただければと思います。

○清野指導課長  やはり一番大きいのは、授業の支援に入っていただけるということが大変大きいと。週に1回程度でありますが、その日には学校で予定を組んで、一緒に授業に入ってほしい、あるいは図書館に行って授業をするというようなこともございまして、そうしたニーズが非常に高いということでございます。