平成29年決算委員会 議会総務費 ふま議事録 (10月11日)

男女共同参画推進・審議会等における女性委員の比率

○ふまミチ委員  公明党豊島区議団、ふまでございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

私のほうから、まず1点目が、参考書177ページに男女共同参画推進関係経費についてお尋ねをいたします。

平成28年、昨年ですけれども、12月に第4次としま男女共同参画推進計画並びに女性活躍推進計画が策定されております。本区が男女共同参画社会の実現に向け、さまざまな取り組みをされていることは存じ上げております。しかしながら、平成27年度に行われた豊島区男女共同参画社会に関する住民意識調査によれば、約半数の方々が今の世の中の男女平等状況について、男女平等になっていないというふうに答えております。平成23年よりも割合が増加しているとのことでございますけれども、どうしてそうなっているのか、おわかりになれば教えていただければと思います。

○能登男女平等推進センター所長  男女平等推進センターでは、男女共同参画社会の実現に向けてさまざまな啓発事業に取り組んでいるところではございますが、それに比例するように、区民の方の意識も相まって高まってきており、これまでは男女平等であると思っていた部分も意識が高まったことで男女平等ではないという認識に至っているのではないかというふうに考えております。

○ふまミチ委員  意識が高まったということで、それはとってもよいことなのかなというふうに思っておりますし、また、厳しくなったということではございます。

その中で、昨年なんですけども、実施された行政監査において、本区の附属機関などにおける女性比率の低さが指摘されたとのことですが、この女性の比率について質疑いたしたいと思います。この審議会などにおける女性の比率についての目標とその根拠をお示しください。

○能登男女平等推進センター所長  まず、目標値でございますけれども、第4次男女共同参画推進行動計画における審議会等における女性委員の比率といたしましては、女性比率40%と定めております。その根拠でございますけれども、本来であれば男女平等でございますので50%を目標とすべきところではございますが、まだまだ、先ほど委員からの御指摘もございましたように、男女平等になっていないという実態がございますので、そうしたことを反映いたしまして40%と設定したところでございます。

○ふまミチ委員  40%ということでございますが、それでは、この平成29年度の審議会などにおける女性委員の比率がどのようになっているか、お示しください。

○能登男女平等推進センター所長  審議会等につきましては、豊島区審議会等の会議の公開に関する要綱に基づきまして、企画課が調査を行っているところでございます。しかしながら、その調査の中には、休会中の審議会等が含まれておりますことから、そうしたものを除外いたしまして女性比率を考えますと、平成29年4月1日現在では、女性比率は28.6%となっているところでございます。

○ふまミチ委員  目標値に対してかなり低い状況であるかと思われます。この女性委員の比率を向上させるために、さまざまな取り組みを以前もされていたかと思いますけども、どのような取り組みをされているのかを教えてください。

○能登男女平等推進センター所長  平成25年2月に審議会等の女性比率改善に向けた取り組みの基本方針というものをつくりました。その基本方針の中には、女性委員をふやすための具体的な取り組みのほうを記載してございます。その基本方針を毎年度、全課に向けて発出をしてきたところでございます。

また、女性人材登録制度をつくりまして、女性の登用が難しい審議会に女性を紹介できるような仕組みをつくってきたところでございます。

○ふまミチ委員  さまざまな取り組みをしていただいていると思います。その取り組みの成果があれば教えていただければと思います。

○能登男女平等推進センター所長  毎年度全庁に向けて通知文を発出してきたところではございますが、なかなか庁内での認知が高まらず、効果が出てきているというところには至っていないというふうに考えております。

○ふまミチ委員  なかなか認知されてないということで、そうした状況の中で、今回の監査の指摘があったことで、その所管課としては今後どのような取り組みをしていくかということがわかれば、教えていただきたいと思います。

○能登男女平等推進センター所長  監査の指摘を受けまして、審議会を所管する各部の部長さんのほうと現状の共有を行いました。その後で、各課長と女性委員をどうしたらふやしていけるのか、また、どういったことが要因で女性委員がふえないのかといったことを総務部長とともにヒアリングを実施したところでございます。そのヒアリングを参考に、各所管課のほうで女性委員をふやすための対応策を作成してもらいました。現在集約中でございます。今後は、各課が作成しました対応策をまとめまして、女性委員比率向上計画、仮称ではございますが、そういったものをつくっていきたいというふうに考えております。

○ふまミチ委員  向上計画というのをつくっていただくっていうことなんですけども、この計画ですけども、これからだとは思うんですけども、いつまでに策定されるのか、そして目標などがあるのかどうなのか、ちょっとそこら辺がわかれば教えてください。

○能登男女平等推進センター所長  計画につきましては、今年度中に作成をしていきたいというふうに考えております。また、計画期間、目標値ですけれども、第4次男女共同参画推進行動計画と同じく33年度までの計画とし、目標値も行動計画と同じく40%としていきたいというふうに考えております。