平成29年決算委員会 文化・教育費 ふまみち(10月17日)

学校図書館の司書配置、読書活動推進計画の策定

○ふまミチ委員  本日もよろしくお願いいたします。

午前中もありましたけれども、読書活動についてお尋ねしたいと思います。

私ども区議団は、読書は人生をより深く生きる力をつけていく上で欠くことのできないものであるとの思いで、今までも全力で取り組んでまいりました。

学校図書館の重要性を訴えて、学校図書館の司書配置の拡充なども今までに提案させていただいております。28年度より区立図書館の一部が指定管理者になったため、区立図書館司書が学校に赴き、生徒の読書活動の支援などの学校支援を展開してくださっております。その現状をお聞かせください。

○大須賀図書館課長  おかげさまで読書活動推進計画第三次の推進状況でございますけれども、読書活動の、特にとりわけ学校図書館の読書の貸出冊数等も非常に多くなっておりまして、120%増ということで32年の読書活動推進計画の目標を超えている状況にございます。また、区立図書館の子ども図書館の貸出冊数も27年度と28年度を比較して110%となっており、やはり同じく32年度の目標を超えている状況にございます。

○ふまミチ委員  わかりました。それでは、どうしてそのようになったのか、見解を教えていただければと思います。

○大須賀図書館課長  やはり先ほど委員からお話がございましたように、学校図書館におきましても図書館司書が派遣という形で、兼務発令という形で派遣されております。そうした関係で、これまでの委託よりも学校と図書館が一体となって学校図書館を学習情報センターとして人的側面からも支えるということが充実している結果と認識してございます。

○ふまミチ委員  わかりました。本当に司書の効果だなと思います。

以前よりも私ども公明党が学校図書館司書の配置の拡充を要望させていただいておりますけれども、さらに拡充していただけることは可能なのでしょうか、お聞かせください。

○大須賀図書館課長  拡充につきましては、おかげさまで今年度中学校8校、そして小学校22校に配置したところでございますので、今現在非常に好調ではございますが、そうした詳細につきまして検討させていただいて、また今後について、さらに教育委員会と連携をとりまして検討していきたいと考えております。

○ふまミチ委員  わかりました。ぜひよろしくお願いしたいと思います。

それと、昨年ですけれども、私どもの一般質問で活字文化の振興や子どもの読書環境をよりよくするために、全区民を対象とした読書活動推進計画の策定を要望させていただきました。その要望がどのようになっているのかお聞かせください。

 

○大須賀図書館課長  本年5月にいわゆる基本方針と、それから事業計画を包括した豊島区立図書館基本計画を策定いたしました。こちらは子どもから大人まで知的好奇心を満足させる図書館ということで、区民の学習情報センターとしてという理念を掲げ、中には図書資料の蔵書方針も示したものでございます。29年度から32年度の4年間の計画でございまして、これは33年度から子ども読書活動推進計画と連動させまして一体的にさらに計画を立てたいというもとで4年間の計画としたものでございます。

○ふまミチ委員  区立図書館基本計画が策定されたということでございますが、そこで明記をしていただいたのかなと思いますので、ここでまたさらなる全区民を対象とした読書活動が推進されていくのかなと期待させていただきたいと思います。

豊島区立図書館基本計画の策定に当たり、パブリックコメントをされたと思います。区民の皆様からどのような声があったのかお聞かせください。

○大須賀図書館課長  パブリックコメントにつきましては、本年3月1日から31日までの1カ月間募集いたしました。全体で9件の御意見を頂戴しております。多くは計画のさらなる充実、推進の御意見でございましたが、そのうち2件、1件は目白図書館の中心テーマでございます赤い鳥というテーマに加えまして、びわのみ文庫についても資料収集をしたらいかがかという御意見でした。こちらについて計画に反映させていただきました。

もう一件につきましては、子ども図書館の設置についての御意見をいただいたところでございますので、こちらも、検討するという意味で計画に反映させたところでございます。

○ふまミチ委員  先ほどからもお話がありますけれども子ども図書館でございますが、この子ども図書館ですが、渋谷区で既にやられているというお話がございます。その渋谷区の笹塚こども図書館ですかね、ちょっとその様子を教えていただければと思います。

○大須賀図書館課長  渋谷区のこども図書館は、子育て支援センターのちょうど2階に設置するという形で、子ども支援について、子育て支援について一体的に活動できるような場所になっております。赤ちゃんから、それから児童まで、親子でゆったりと語らいながら本の世界を楽しめるということで、非常に好評だと伺っております。

ですので、そういう意味で一般の利用者のことを気にしないで、静かにすることがどうしても求められますけれども、お話や、歌ったり、それから中には物語についての遊びをちょっと加えたりといった、そうした活動ができるところと視察の上で感じたところでございます。

○ふまミチ委員  わかりました。

豊島区でも今、設置を考えてくださっているということでございますが、豊島区もそのような支援センターを使いながらやっていくとか、何かお考えがあるのでしょうか。

○大須賀図書館課長  豊島区につきましては、実現に向けての場所が非常にネックとなっているところでございます。ただし、やはりパブリックコメントでも御意見をいただきましたし、もちろん一般質問でも御意見を頂戴しておりますので、設置に向け、実現に向けて場所と、それから予算等の精査を現在しているところでございます。